top of page

合掌の意味





[合掌とは]


ヨガでよくみられる、胸の前で両手を合わせるポーズ。

これは何のためにしているのでしょう。


合掌する両手にはそれぞれに意味があり、右手は神を表し、左手が現世を表していると言われています。

別の言い方では、右手は清浄や知恵を表し、左手は不浄を表す。


右手は神、左手は自分。

その両手を合わせることで神と一つになるということを表しています。

神に近づけるよう、一つになれるよう願い、両手を合わせます。

合掌の意味

多くの場合、説明はここで終わりかも知れない。


でも


私にはまだ伝えたいことがある。

もっと重要な話を。

Mikiが心を込めて、あなたにとても大切なことをお伝えします。


まず、先日の3つくらい前の投稿、8/27にヨガマットについて説明したのを覚えているでしょうか。

その中でヨガマットの上は神聖な場所だとお伝えしました。

抜粋しますね。

ーーーーーーーー

ヨガマットの上でヨガをするということは、今あなたは神聖な場所にいるということになります。

そこは神聖な場所です。

そうです。神様がいるのです。


どんな神様か?

それはあなた自身が神様なのです。


神様はあなた自身の中にあり、いろいろなことを教えてくれます。

ヨガをしながらいろいろなことに気が付き、それを日々の生活に活かしていく。

一つ一つの素晴らしい人生の気づきは神様(あなた)が教えてくれます。

神様(あなた自身)が気付いて教えてくれるのです。


ヨガマットの上は神聖な場所です。

神様(あなた)がいる場所です。

大切にヨガマットを扱いましょう。


どうか神様(あなた)を大切に扱ってください。

神様(あなた)がいる場所(ヨガマット)を大切に扱ってください。

ーーーーーーーー


私は、神はあなただと説明しました。

そうです。合掌の手、その右手は神(あなた自身)を表します。

左手は、瞑想していない時、悟りを開いていないときのあなたです。


その両手を合わせることで、自分の中にある神に近づくことができますように、と願いを込めて合掌をするのです。

そして、神(自分)に気付きを与えてもらえた時には、ありがとうございましたという気持ちで、神(自分自身)に手を合わせます。

ヨガのレッスンの最後に安座で合掌をして「ありがとうございました。」と言って終わることがあると思う。

みんなはヨガの先生に「ありがとうございました。」と言っている気持ちかも知れない。

でもね

Mikiから贈りたい言葉は

その「ありがとうございました。」は、自分自身に言っているんですよ。ということ。

自分自身の中にある神に対して感謝を述べている。

ぜひそうであってほしい。


レッスンの最後の挨拶では、もう終わったと思ってしまうのか、最後の挨拶を適当に済ましてしまう人もいるかも知れない。

しかし、感謝や敬意の気持ちを込めて合掌することは、とても重要だということを忘れないでほしい。


もしも手を合わせない人がいたとしたら

私はとても悲しい気持ちになる。

レッスンの時間を一緒に過ごし、私はあなたを見てきた。

あなたの中にいる神はとても素晴らしいのに、その神になぜ感謝しないのかと

自分自身の中にある神に感謝しよう

みんな本当に素晴らしいから


ヨガインストラクターMiki


特集記事
最新記事
アーカイブ
​カテゴリー
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Instagram Social Icon
bottom of page